BLOG

HOME > スタッフブログ > 太陽光発電

太陽光発電

2021-08-26

プロの間でも賛否が分かれている、家庭用の太陽光発電。

設置するべきか否か、研究してみました。

 

 

デメリットとしては、建物に制限がかかること。

太陽光パネルは屋根の南側に設置しなければならず、一

つのパネルにでも電柱や電線の影ができると回路全体に

影響して発電効率が悪くなるそうです。

そのために、デザインが犠牲になる可能性あり。

屋根に重量がかかるため、そうしても耐震性能も落ちる

ようです。

 

 

今治市は晴れの日が多いので周辺環境が良い立地で、初

期費用が安く抑えられるのであれば積極的に検討してみ

ても良いかもしれません。

余剰電力の買取価格は2011年が40円/kwだったものが

2021年は20円/kwになり、従前に比べて投資対効果は

下がっていますが、売却するのではなく自己消費する分

だけの電気を作る設備を設置するのならばメリットがあ

りそう。

再エネ賦課金の上昇などで、今後の電気料金が高くなる

ことも確実視されています。

例)月々の電気代14,000円×12ヶ月×保証期間25年=
420万円。

設置費用が150万円とすれば、パワーコンディショナー

の交換費用や火災保険、撤去費用などを考えても有利か

もしれません(あまり電気を使わない家庭には不向きです

が)。

 

 

設置の際には、メーカーに保証内容をしっかりと確認す

ること。

また将来のメンテナンスも考えて、後付けではなく新築

時に建築業者に工事をしてもらうことをお勧めします。

 

小泉環境大臣が義務化を検討するなどと言っていますが、

個人的にはエネルギーを作るより消費を減らすという考

え方に賛同。

太陽光発電の設置費用を、家の性能(高気密高断熱等)

を高める方にかけた方が良いと思います。

あくまでも個人的な考えですが、その方が安心・確実・

快適なので。

PAGE TOP